先輩の声 管理者

高木 悟|SATORU  TAKAGI

グループホームのどか津守
管理者
高木 悟|SATORU TAKAGI

入職に至るまでの経緯を教えてください。

もともと、系列の介護老人保健施設で介護職として働いていました。
そこが介護をはじめた初めての職場だったのですが、4年弱働いていたところ、新しくグループホームを立ち上げることとなり、管理者として声をかけられたのがきっかけです。ちょうど、この業界にも慣れ、ずっと介護の業界で仕事をしたいと思っていましたし、年齢的にもチャンスだと思い『やってみよう』と決めました。

管理者として心掛けていることはありますか?

管理者は初めから管理者ではないということ。
確かにリーダーシップ力や、経験、知識は最低限必要なレベルもありますが、一番は周囲との信頼関係だと思います。最初管理者に就任したころは、自分自身も『管理者である』ということに、こだわり過ぎていたようです。ある時、ふと気づくと職員をまとめきれていないことに気づきました。本部の上司に、管理者は『お偉いさんではない』という事を言われ、そこで『職員は仲間である』ということに気づいたのです。ご利用者様により良いサービスを提供するには、私たちがまとまっていないといけないですし、そのためには職員が困らないように、職員が働きやすい環境づくりを整えていくことが大事だと思いました。『仕事場で一生懸命やってくれる職員に応えたい』。そう思っているうちに、逆に職員が色々助けてくれるようになり一つのチームとしてまとまりだしました。なので職員に支えられていることを日々実感していますし、『管理者にならせてもらっている』という思いでいます。

管理者としての仕事のやりがいは何か教えてください。

ご入居者様をお預かりさせて頂いている中で、そのご入居者様の生活を見ているのですが、管理者になると単にご入居者様だけでなく、ご家族様とのお付き合いもあります。
私たちはご入居者様にとって家族のような安心できる存在になりたいとは思いますが、当然、家族にはなれません。ご入居者様にとってのご家族様の代わりはいませんから、ご入居されてからも、ご家族様でしかできないこころのケアは引き続きおこなって頂けるよう心掛け、私たちはあくまで裏方としてサポートさせて頂いています。
『認知症の人』といってもそこには色々なドラマがあります。様々な方の人生やご家族様との関係、喜び、悲しみ、色んな感情に触れられることは、この仕事の奥深さとも言えますし、そこで少しでも自分が何かお手伝いさせていただけることが、仕事のやりがいにも繋がっていると日々実感しています。

当社に入職する方へのメッセージをお願いします。

弊社は若い方がチャレンジできる場がふんだんに用意されているエネルギッシュな会社です。『人生の先輩(認知症高齢者)』をサポートする仕事ですが、逆に笑顔をいただいたり、時にはすっかりその方たちに癒されてしまうことがあなたの身に起こるかもしれません!!

ページトップ