先輩の声 エリアコーチ

木村 由美|YUMI  KIMURA

川下HOLDINGS
介護事業部 エリアコーチ
木村 由美|YUMI KIMURA

介護の仕事をはじめようと思ったきっかけを教えて下さい。

実は『はじめよう』という思いは最初はなかったのです。
元々は病院で看護師として勤務していましたが、介護施設を立ち上げるということで異動があり、そこで看護師として初めて『介護』に携わりました。しかし、いつしか『認知症』や『高齢者』に興味を持ち、気づけばケアマネージャーやグループホームの管理者となり、介護という仕事にどっぷり浸かっていました。
きっかけというものは、自分で作りあげる人もいれば、私みたいに偶然や縁のめぐり合わせで『気づけばそこにいた!』ということもあります。
大事なのは、『何でもやってみよう』という気持ちだと思います。

エリアコーチとしての仕事内容を教えて下さい。

エリアコーチという名前そのものですが、コーチング(指導)する場面も多いです。
担当施設が何施設かあり、新人職員やベテラン職員問わず指導育成したり、施設の管理者をサポートしたりします。また研修の講師になることもあります。時には現場に出て職員と汗水ながしながら、一緒に『時』を過ごしたりします。
その他に、会社としての『こうしていこう!』を現場で実現させて行く事も仕事です。本部からの指示を現場に伝えても予想外の展開になる事もあり、ひとつのシステムを作り上げていくのに相当な時間がかかります。そんな風にして現場のリアルな意見を本部にフィードバックしたり、細かいやり取りをしながら会社と現場の距離を縮めていくという『橋渡し』としての重要な任務を背負っていると思っています。

他の仕事にはない『介護の魅力』は何か教えてください。

介護の仕事は人との繋がりが深いです。その繋がりはご利用者様とだけでなく、そのご家族様や地域の方々、又、知らない人と知らないところで繋がっていたりと、さまざまな関係の中で成立しています。介護の仕事は感謝をされる職種でもあるのですが、私たちは感謝されたいが為に仕事をしているわけではありません。しかし、ご利用者様に対して行ったことが、その繋がりの中で、自分の予期せぬところで『ありがとう』と返ってくることもあれば、厳しいご意見として返ってくることもあります。私にとって『介護』の魅力とは、『自分が人に対してしたことが、巡り巡って自分に返ってくる』ということです。そんな繋がりの中で仕事ができることが自分の原動力になりますし、介護に携わっている支えにもなっています。

当社に入職する方へのメッセージをお願いします。

誰にでも初めてはあります。新しく何かをはじめるのに“年齢や経験”は関係ありません。
大事なのは、『はじめたい』という気持ちです。
ぜひ、一緒に弊社で介護をはじめましょう!

ページトップ